ある程度のリスクはあっても貸付を行う

確実に返済される人ばかりがいるわけでもありませんから、ある程度のリスクはあっても貸付を行います。ただ、リスクがあるということですから、一定の割合は返済されないと考えられます。それをフォローするために金利を高くしているのです。
ですから、低金利で契約できたということは、消費者金融側がリスクの低い人として認めてくれたことを意味します。金利が高いということは、その人に貸しても返済されない可能性が高いと判断されているということなのです。

詳しい消費者金融情報はhttp://xn--hckxam3skb2668evb1ayum64kbym.com/へどうぞ!

このブログ記事について

このページは、pjが2014年1月25日 14:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「総量規制」です。

次のブログ記事は「ワキ脱毛はしておくべき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。